2006年09月15日

新型iPod nano

iPod nanoの発売から1年、新型iPod nanoが発表されて一夜明けたが
みなさんの感想はどうだろう。

本日早速店頭に並んだ新作iPod nanoを見てきたので記事にしたいと思う。

iPodコーナーに足を向けたが売り場ではいきなり新作が目にとまった。
やはりカラフルな色彩なのでとても目に付きやすい。

手に取ってみた感想としては「小さい」である。
1年まえのnanoの登場にはあまりの小ささに驚いたが、そこまでの驚きはないにしろ
小ささをとても感じた。
薄く小さくそして軽い。

ホイールに関してはかなり感度よく正確だ。
はじめにnanoが出た時には若干画面に「もたつき」があったが
今回のnanoにはまったくなくとてもスピーディーな操作感がある。

そして画面を確認して気付くのが明るさだ。
店頭のような明るい場所でもディスプレイの明るさにすぐに気が付いた。
こちらもとても見やすい。

ただし画面について一点気になったのがフォントについてだ。
前回のnanoのフォントについてはこの場で確認出来なかったのだが
文字の太さが若干細くなっているのではないだろうか。
なにかちょっと勢いのない文字に筆者は感じたのだが、細くなっている分スペースに余裕があるのだが
Apple製品のフォントにしては(Macのテキスト表示はとてもきれいなので)すこしばかり違和感を感じた。

デザインは写真で見る限り、ボディの素材も関係してiPod miniのminiに近いnanoの様な認識をしていたのだが
実物を見るとどちらかというとnanoに近い感覚があった。(もちろん製品はnanoな訳だが)

カラーリングについては好みで選べるという点ではいいのではないだろうか。
個人的にはホワイトがなかったのが残念である。(素材上無理ではあるが)

パッケージも写真で見るよりもギフト感があってよいように思えた。
ただしこれはTOYギフトに近いような感じで前回のようなパッケージでの高級感はなくなっている。

今回のnanoについてはやはりそれほど大きな驚きはなかったというのがみなさんの見解ではないだろうか。
筆者も同じく想像を超えるような製品ではなかったために(もちろん期待が大きいために)少々残念ではあったが、
実際に見てみるとやはりnanoである、といった感じであった。
おそらく街で誰かが持っているのを見ると気になってくる製品のような気がする。

ちなみに筆者は今回のnanoの発表を待っていたわけだが
前回のnanoがすばらしい製品であり
そして現在すでに型落ちとして価格が下がって販売されているので本日旧nanoを購入した。

amazonではすべての旧iPod製品が3400円〜5000円OFF。
特に30Gモデルはかなりお得な価格の製品だと思います。
>>値引きApple iPod 30GB ホワイト [MA002J/A]はこちら
posted by lunch at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(4) | iPod

2005年10月25日

iPod 30GB five generation iPod

またも売り切れ入荷待ちの新型第5世代となるiPod、さっそく手に入れたのでここでレポートしたいと思う。
(記事が長くなるので何回かにわけます)

まずは販売店で見た感想だが、30GBモデルの薄さ・軽さがとてもインパクトがあった。
60GBも薄くなったとはいえ、30GBがあるためあまりその感覚が得られたかった。
30GBの薄さが一際目立った。

クリックホイールだがこちらの操作感もほどよい感じであった。
nanoの場合、反応が良すぎるため若干の誤操作があったのだが
そのようなこともなくイライラ感もない。

そして今回の目玉である動画再生機能だが
こちらも想像以上のクオリティだ。
画面のきれいさ、明るさ、色表現、どれをとっても合格点である。
残像などもなくとてもなめらかに動画が再生される。

アップルでは今回の動画再生をおまけ的扱いにしているが
機能的には単なるおまけ的レベルではない。
音楽再生プレーヤーとして音だけを聴く利用法が大部分を占めるのが大前提であるがゆえの「おまけ」という表現なのであろう。
仮にビデオプレーヤーとして販売した場合、携帯してまでビデオは観ないよ、という顧客離れを起こす可能性もあり、
これもブランド力を低下させない戦略なのであろう。(つづく)

参考になった方はこちら
posted by lunch at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod

2005年10月13日

iPodの新製品

ようやくiPodの新製品が発表になった。
予想されていたiPod videoやiPod movieではなく、
名前もiPodのままの動画も観れるバージョンアップという内容の商品だ。

30G、60Gのラインナップで
気になる動画は150時間分が収まる。
カラーはiPod nanoと同様、ホワイトとブラックの2色。

まだ国内発表はされていない時点だが
価格はそれぞれ299ドル、399ドルといずれも安価と言っていいだろう。
来週発売ということだが
11月に発売されるウォークマンAシリーズが20Gで3万円、単色ディスプレイ。
あとすこしで発売だがこちらは発表からほとんどプロモーションを行っておらず
強力な対抗馬をむかえる形となった。

新型iPodも改善されたとはいえ再生時間が14時間/20時間・充電時間4時間と電力部分に少々難がある。
音質と再生時間ではまだSONYに分があるといってもいいかもしれないが
このiPodの登場は大きな意味があるだろう。

>>追記アップルストアで販売開始されています!

参考になった方はこちら
posted by lunch at 06:12 | Comment(2) | TrackBack(18) | iPod

2005年10月08日

iPod ニュープロダクト

いたるところでだいぶうわさが聞こえるが
10月12日にiPodの新作が発表されるというのだ。
ついにはasahi.comにまで掲載されている。
この新型iPodに非常に興味を持っている。
予想されている名前はiPod video、またはiPod movie。
その名前からわかるように今度は動画が観れるディスプレイの大きいiPodである。

動画の観れるポータブルプレーヤーにどのくらい需要があるのかわからないが
iPodのプラットフォームが広がるのは間違いなさそうだ。

すでにNTT DoCoMoがiPod携帯端末の開発を検討しているのが発表になり
携帯型デジタルコンテンツプレーヤーはiPodの名の付くもので埋め尽くしそうな勢いである。

posted by lunch at 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod

2005年09月30日

iPod nano、ディスプレイに不具合

発売して3週間、iPod nanoのディスプレイに不具合があるとして、Appleは不具合のある製品については無償交換にて対応することになった。

この不具合はユーザーがウェブサイト上で公開(USA)(flawedmusicplayer.com 現在は感謝のメッセージに変更されています)したことからメーカーが対応に乗り出した、という流れなのだが
この対応のはやさに現在のブランド面を大事にしていることが見られる。

内容としてはディスプレイにキズが付きやすい(破損した)、といったことなのだが、数年前のAppleならば考えられないような対応のよさだ。
来年までPCハード面では利益を上げられないAppleとしては、iPod関連での利益を上げなくてはならず、
iPodまわりでの悪い話題ははやく払拭させたいだろう。

大メーカーからすると一部のユーザー(単にクレーマーに見えるだけかもしれない)が騒いだことに
いちいち対応するのは面倒かもしれない。
ここで思い出したのが、今年はじめのソニーコンピュータエンターテイメント(SCE)の「PSP」の液晶ディスプレイでのクレーム問題だ。
ドット欠けなどでのクレームだが、その時のSCEでの対応はまったくなかった。(現在はあり)
実際、iPod nanoのクレーム数はごくわずかなものと、PSPのクレーム数がかなりの数、ということで
損失という面で見れば対応の仕方も変わってくるだろうが、
1ユーザーからしてみるとそこでの安心感は違うのではないだろうか。

製品にサポートという付加価値が付いたiPod nanoはこれからも売り上げをアップしていきそうだ。

人気の4GモデルiPod nanoアップル ストアでは2週間以内にお届け
posted by lunch at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(3) | iPod

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。